患者はだれと契約をするのか

オンライン処方や オンライン服薬指導は 一見 病院や診療所 薬局と通信するような仕組みになっているけど。 実際の診療や服薬指導は それぞれの病院や診療所、薬局とするにしても、保険証情報、クレジットカード情報は 今乱立している多くのベンダー企業に渡すことになっているわけなんですよね。利用者の多くが、たぶん 何々医院とかクリニックとか…

続きを読むread more

〒宅急便=薬を届けるのは安全なのか

受講シールを発送して思うことは、あんなに厳重に住所確認してもらって、出しても本人の記載ミスがあったり、特に「ポストが小さくて」レターパックが入らなかったりする。シールでなくても何度も何度もヤマトがいっても不在だったり、普段いる場所でない住所を書いていて届かなかったりして戻ることもある。不在票見落としもある。最近は個人情報の保護でポストに…

続きを読むread more

服薬指導に応用できる@がん教育で模索される指導方法

助友先生のすごいところは、 きっと 昨日の山口潔先生の様に、フレキシビリティと瞬時変換対応力のようなところかもしれないです。がん教育とコロナ教育の互換性とか。すごいね。 例えば、薬剤師業界では今、何でもフォローアップの義務化とオンライン服薬指導ができないとなにもできないぜ、みたいな情報が多く行きかっているけど、実はフォローア…

続きを読むread more

がん教育のさらなる充実に向けて

がん教育のさらなる充実に向けてという講演をWEBで拝聴しています。 助友先生素晴らしいです。保健体育の教官養成・・ここが人気のある研究室であることが良くわかります。 教えるとは共に未来を語ること 学ぶとは、誠実を胸に刻むこと (ルイ・アラゴン) はいい言葉ですね。 普段 緩和ケアとか がんの勉強をすることは多い…

続きを読むread more

緊急避妊薬というものを通して考えたいこと

緊急避妊ピルについては、いろんな議論を聞き、いろんな人の動きを見て、考えること多々です。その議論の中に実にその該当の女性の目線と同じ立場で物語っている場面の少なさにも何か虚しさを感じます。薬剤師も自分が売れる、薬剤師が売るべきという議論が先立ち、その女性がどうゆう思いでアクセスしてくるのかというところの視点は希薄なことが多く、一般女性の…

続きを読むread more

改めて 地域薬学的ケア その専門性について考えたい

このところの日本では、先に思い付きの絵柄が先行し、あまり議論もしない中、資格制度が先にでき、そしてその専門を取ることが目的の様に動き出す。そしてついていけなくて、現状とあわないわけなので、よほどの先駆者がいない限りモデルもできず、ベンチマークもなく、何かで報酬でもついていようものなら、その報酬だけが残り報酬をとるために形骸化された仕組み…

続きを読むread more

緊急避妊ピルをめぐる手を考える時機がきた

人間が人間と関わる、ただそれだけでも大変なのに「ケア」とか「指導」とか言って関わる医療介護者はよほどの覚悟と倫理がいるんだろうなと最近特に思います。 「緊急避妊ピル」の販売なんてゆうのは最たるもので「売る」「指導する」という立場から物を考えるのか、「ケア」という立場で伴走支援する立場から物を考えるのかでそのありかたははるかに違って…

続きを読むread more

【地域薬学ケア専門】とは何ぞや

朝の辛口トークをかいたあとで。 【地域薬学ケア専門】とは何ぞやと改めて考えています。皆様はどうゆうことだと思いますか?  ①地域にいる・・・そりゃそうだろうな。 ②地域の保険薬局に勤務する薬剤師・・・そりゃそうだな ③地域の保険薬局でかかりつけ薬剤師をしている薬剤師・・これはどうなんだろうか。例えばその人がこれから考…

続きを読むread more

浅草内科開業ラッシュ

観音裏の軌道に乗り始めたクリニックのすぐ裏の電信柱に 新しくできた浅草駅のほうの内科クリニックの宣伝が貼ってあった。宣伝は広告委託のところがするのでしょうが・・・なんとなく気になった。ここに貼らなくていいんじゃないかって。だって、住民が増えるわけでもないし、結局のところ、あちこち行く人が増えるのかなあと。みんな内科の開業ばかり。 この…

続きを読むread more

【専門とは何ぞやの議論が先ではないか】朝から辛口トーク

まず、地域にいてかかりつけ薬剤師として地域住民を長期間伴走し、健康サポート薬局で相談応需や健康啓発をしている立場からみて、違和感満載の専門制度。 「地域薬学ケア専門制度」もそうだが、下記のニュースを見て雑感。日本医療薬学会は、慢性期医療や地域医療を担う中小病院、療養型病院の薬剤師の専門性を認定する専門薬剤師制度のあり方について検討する…

続きを読むread more

今週の浅草部活

ふくろうクリニックの山口潔先生です じゃじゃん。医師にとどまらない活躍ぶり柔軟な発想で新しい時代をしなやかにリードしています。楽しみです まだ間に合います どうぞお申し込みを・・・必ず心が明るくなりますよ。ぴいぴい💛

続きを読むread more

ELNEC-J WEB@浅草かんわネットワーク研究会@倉持リーダー

3日目終了しました。5モジュールです。 きょうは、薬剤師としてもちょっと恥ずかしくなるくらい 痛みのマネジメントの 話が分かりやすかったのでうれしくなりました。 薬剤師は医薬品の説明は上手な人はたくさにますし、細かいDIなどはよく知っていてよく説明しますが、何より患者の症状の変化を特にターミナルの患者様の症状の推移を肌で感じなが…

続きを読むread more

【ELNEC-J@浅草】

お疲れ様で きょうは3日目 午前を通して学びます。昨夜の浅草のELNEC-J@WEB開催@倉持雅代主宰&豪華講師陣@モジュール3と4でした。柏谷様の講義を久々に聴き改めて言語化した「症状」の一つ一つの意味合いを反芻しましたし、モジュール4の「倫理」の講義においては、薬剤師に決定的に欠けている教育だと痛感しました。 モノからヒト と簡単…

続きを読むread more

血圧高いのは 来てねサイン。

ということで ランチもってうかがってきまして、お土産に 大きな梨を2個。 ここは物々交換のような 紡ぎあいです。 血圧高いので昨日はデイサービスにいったら薬飲んだほうがいいといわれて(誰だ?看護師かワーカーかわからないけど、なんだそれの指示)で結局きのうはアダラートCR3錠も飲んじゃってた。いくら医師から高い時は飲んでいいといわれて…

続きを読むread more

なんで声上げてゆかないのか、不思議でならない今の日本の薬業界

【薬機法フォローアップ義務化であれば、薬剤師業界は、同じく薬機法のなかでの 医師における処方箋への診療情報あるいは保険適応の追記を求めるべきではないか@なんで声上げてゆかないのか不思議でならない今の日本の薬業界・・・・患者のためにもっとこえをあげようよ】 SNSでは薬機法フォローアップの義務化の文字がおどり、ツール媒体の紹介やオン…

続きを読むread more