"在宅医療・居宅療養"の記事一覧

薬剤師が関わる 在宅医療:居宅療養指導

地域のかかりつけ薬剤師が関わる在宅医療にも2種あり。 ずっと長いことかかりつけ薬剤師と患者の関係で協働してきた患者=地域の隣人が 高齢になったりちょっと生活が一人では難しくなった時に支えつつ、居宅療養に移行し今まで看てきてくれたかかりつけ医師が訪問してくれるようになり、訪問看護師の力も借りて 少しずつ自分のできることが…

続きを読むread more

在宅医療の見学にいってみたいんですけど・・・それって?

最近、在宅医療をやりたいんですけど、見学にいっていいですか? という問い合わせが若干あって。あるいは、在宅医療をできるようにするためのマニュアルを創ろうとかいう会議場の話もあるんだけど。 自分はとっても懐疑的。 だって、今 薬機法で かかりつけ薬剤師とか健康サポート薬局の制度が明記されていて、かかりつ…

続きを読むread more

高齢者施設 人材がいない 

施設に入った 超高齢者の方たちは、どのように生活してゆくことが幸せなんだろうか。と考える日々。 日本でも今高齢者施設はとっても求められているけど、そこで働いてくれる若者や壮年実年の人たちは極端に少なく、働いている人たちも とても苦しい毎日となっている。 なにせ人がいない、人を教育する資源も少ない、報酬も少ないの悪循環。それでも…

続きを読むread more

超高齢化の兆しじわじわ

命を終えようとする人、その家族 自分で意思が決定できなくなってゆく認知症の人 その家族 超高齢独居の方でその先の不安があっても一人で頑張っている人 今の浅草はいよいよ超高齢期に入り わさわさとしている。 週刊誌や ネットで 薬局のもうけのからくりとか病院と薬局の調剤報酬の違いとか 念入りに丁寧に騒いでいるけど、薬局売った…

続きを読むread more

台東区 みんなの広場まつり 間もなく11月3日 出展します

11月3日 は みんなの広場まつり。 今年は何だかバタバタしていて十分な準備、気持ちの余裕がないなかですが、浅草かんわネットワークメンバー ケイ薬局メンバーで がんばって 盛り上げます。 骨量チェック ロコモ度チェック ほか がんばります どうぞ皆様お越しください http://www.city.taito.lg.jp/i…

続きを読むread more

地域で起きていること AIか 人間としてのメンターか 肩書としての支援者か

昔、病気の治療で苦しむ家族をどうしても家に連れて帰りたい・・といえばそれは無謀だ と言われ でも連れて帰りたいと強い意思を持つ家族はそれを一生懸命何とかして周りの人も手伝って連れて帰って来ていた・・こともあった。 その過程の中に 家族なりに本人なりに必死に知恵や人伝をつかい一つ一つ納得と不安、納得と理解 そんな階段をのぼり段々と実…

続きを読むread more