2017年11月20日

国民目線での議論を。女性に対しても、患者に対しても


様々な論議がなされている。
ものごとが、職能同士の立場争いや利権にならないよう 
あくまでも今後生きてゆく世代の人たちのことを考えて智慧を出し合うような論議をしてほしいものだと思う。

男だからとか女だからということに固執するつもりはないが、
やはり生活の場にいる場面の多い女性を議論の場に多く露出してゆくことは悪いことではない。今の会議は写真を見る限り そんなふうにはなっていない。
もちろん女性でもきちんと全員が立場やビジョンを述べられるわけではないが検討の余地はある。
男女問わず現場の声が反映されないまま職能議論になるのはいいことではない。

今回の緊急ピルは、一般世論からすればパブコメまでたどりつけない多くの女性の耳にはとどいていないし、またいつそうゆうことが必要になるかという危機意識も女性側に強いわけではない背景がある。

長い目でみれば 女性が婦人科のかかりつけ医師をもつことやそのことで自分の月経に関わる健康生活に自分自身で関わることの大事さ、事件性のある事件などに巻き込まれないためのリスクマネジメント、そして保健教育 それらを徹底することも大事なのだろうと思う。

調剤報酬も安い高いとかそうゆう視点ではない論議が求められる。どのようにすれば 真に患者の健康寿命延長や 疾病重症化防止に 生活の質の向上に役立つのか そうゆう視点での議論をしてほしいものだと思う
これほどまでに 薬好きの日本人を創ってしまった背景から考えてゆくことが大事なのではないか。

考えることはやまない。
posted by みゃんこ at 08:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

台東区はばたき21&NPO法人HAP 公募企画 丸投げしない生き方介護を学ぶ 受付開始


丸投げしない生き方・介護を学ぶ
自分らしく 自分の家族らしく生きる
主催 NPO法人HAP
共催 台東区男女平等推進プラザ はばたき21

公募で通った企画です。

台東区在住在勤の皆さま 一般の方むけきかく
 医療介護関係者も含めて歓迎 
ぜひご参加ください  申込は はばたき21まで

すっごくいい企画です
posted by みゃんこ at 09:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

モノの値段と 報道

よく 処方箋の費用とか受け取りの手間というとをメディアがとりあげる。とすると、うちの患者様でも、「病院でもらうほうが安い子と私は知っているから病院に行った時は病院で処方箋だしているところに通院して処方のおくすりもらってくるの」「でも近くの開業医さんのときはここなの」というような何だかわかったようなわからないようなことになっている。




週刊誌にも病院での処方箋のお金に比べて 薬局だと何倍も高いとか書かれるけど。病院で処方箋もらって 前の薬局言ってまた戻って費用払ってなんていうやりとりも、よくよく考えれば、病院でFAXさえあれば 若い人ならアプリがあれば 診察終わったら待たずに帰ってきて近くで薬もらって説明してもらってわからない時は 顔のわかった薬剤師にいつなんどきでも聞けるわけだから 情報の流し方ひとつだよねっていつも思うのです。




費用単価からすれば、

☆ この美容院 シャンプーが何ccくらい使っていて単価このくらいで リンスが・・で それなのに シャンプーカットで5000円って手数料高くない??とかは誰も言わないし。かといって 下手な美容院には二度といかないのにね。。




☆ お蕎麦屋さん 材料のそば粉が何グラムでいくらで 海老がいくらで 天ぷら粉と だしと ごま油で いくらなのに 全部で900円にも何でなっちゃうの 手数料高くない 都下も絶対言わないし まずいところは二度といかないわけで




☆ おくすりやさんも薬剤師も そうゆう目でみれば 自分にあったところもっと探せると思うよね。サービスもずいぶん違うと思うし、ましてや よいよいでへろへろのときに わざわざ遠くの病院にいって安いからって院内処方並んだりするのも難しいしね。てな話です。




報道のしかたによって 一般人の考えは相当影響うけちゃうもんです。でも自分だけは質高く より良く生きたい人は 変な報道に惑わされず 自分にあったかかりつけ医師と 薬剤師をみつけておくと 人生のサバイバルゲームにはちょっと勝ち目豊かになるとおもいますですよ


posted by みゃんこ at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする