"製薬会社と医療"の記事一覧

製薬会社の明暗 ポリファーマシーとGE

製薬会社の 利益に明暗とかいうニュースをみていて何となく暗くなる。 日本中で 国の誘導で オリジナル医薬品⇒GE製品へ。それなら オリジナル医薬品の薬価をさげてGE医薬品と同じ価格にすればいいのにとかは 勝手な素人の考えなのだろうか。医薬品の開発にはそれだけの思いがこもっている、だから市販後調査もしっかり行い、宣伝も丁寧すぎもあ…

続きを読むread more

コンプライアンス

【コンプライアンス】さまざまなことがあった1週間を終えて。 課題はほぼ色々解決してゆく方向で動いたので、製薬会社関連記事をタイムラインから一旦個人のみ情報にうつしました。 今回学んだことというか 気付きがたくさんありました。 在宅介護の現場では、多くの人たちが一人の患者様や家族に接するようになります。その中で、大事にしなければ…

続きを読むread more

製薬会社の倫理とか

【製薬会社の倫理とか共催とかの もやもやで思いついたこと】 ここ数日来 露見した 製薬会社とのもやもや倫理の話を考えつつ、色々考えていた。半年前くらいに、在宅医療の世界には製薬会社はほとんど入り込めていないので理解が少ないという話をどなたか製薬会社の人と話していたことを思い出した。それが背景にあるのではないかと思いついたのだ。今まで …

続きを読むread more

製薬会社の倫理と個人情報

【製薬会社と倫理と個人情報】 ノバルティス事件をきっかけに、医師と製薬会社の関係や、講演会のあり方などについて取り沙汰されることが多くなってきました。一方、なかなか陽の目をみないのですが、 薬害の患者さまも命を懸けて講座をやったりして、医療の安全性と倫理を訴えています。この動きを 並行してみているため、やっぱり製薬業界の 倫理というも…

続きを読むread more

ノバルティスファーマを憂う

【自分が勤務していたノバルティスファーマを憂う】 ノバルティスの一連の報道には、心が暗くなる。14年前40歳の時に退社した会社ではあるが、ロイヤリティ精神の高い自分にとってはつらい出来事(出来事なのではなく全体の企業理念のようなものの欠落を伴う大きな喪失感)である。 入社した会社である日本チバガイギーの時代はよかったなあと振り返…

続きを読むread more

精神科医の友人とその妻である友達との20年以上ぶりの再会

なぜか気の合う 30年来の友人と その旦那とちょっとした話し​合いで会議を行った。旦那とは実に20年以上ぶりの再会である。​精神科医師としては 非常に有能な医師だと思っている。20年以​上ぶりの再会なのに3人は 昔と同じように昔に戻って 今現在の​仕事の新しい企画で盛り上がっていた。実に痛快である。私と友人​はS34生まれだんなはS37…

続きを読むread more