"新たな時代の新薬剤師像"の記事一覧

東京で岸田直樹先生の講義が聴けます 午後だけ参加可能先着順

5月20日午後 岸田直樹先生の講義@東京 お茶の水。 こんな機会めったにないチャンスです。 午後だけ参加も歓迎です。 ①研修認定を求める薬剤師も、 ②すでにとった薬剤師で実践求める薬剤師も、 ③これから目指す若手薬剤師 学生も、 ④病院薬剤師の方々も ⑤そして多職種連携を考える医療職の方たちも歓…

続きを読むread more

人から物へを紐解く鍵

薬局 新しい時代 物から人へ・・・・と言われているけどね。 薬局には  イージーアクセスだけど奥が深い薬局等箱機能と 単なるだけどものしり人だけど、実は専門力のある人間機能 この2つを備えていきたい・・・ それがかかりつけ薬剤師と健康サポート薬局 このことを理解して展開で…

続きを読むread more

薬剤師と 男女共同参画、ダイバーシティー

男女共同参画についてふと思ったことなのだが。 自分は、今まであまり深くかかわったことが無かったので気付かなかったが、薬剤師の世界、日本薬剤師会などで、他の医学学会と同様に「男女共同参画」について語り合うセッションがあっただろうか。 あるいは そのことについて教育をうける機会があっただろうか。「ダイバーシティー」についてはどうだ…

続きを読むread more

薬剤師の世界にも男女共同参画の概念を

男女共同参画の概念 今年は日本薬剤師会の学術集会の主幹を東京都薬剤師会が担うことになっている。 すこしだけプログラム作りに関与できることになったので、先般の臨時総会~代議員会の時と同様  薬剤師会の経営陣、活動やイベント、学術集会「男女共同参画」の概念を盛り込むよう 事あるごとに提言している。 元々女性が多い職種な…

続きを読むread more

薬剤師のProsCons

世の中の方向性と 現実の矛盾 薬剤師の世界 調剤だけをやっている薬局はだめだ モノよりヒト 在宅へ。 確かにわかるけど、でもだからといって調剤業務がないがしろになってもいけないと思うんですよね。 丁寧に 監査をして調剤して服薬指導するという流れの中に、患者への指導や思いやりを考えるわけで。 1人40枚の枠…

続きを読むread more

在宅医療と 病院薬剤師の微妙な距離

かかりつけ薬剤師制度 地域の薬剤師ばかりが頑張っても その先に繋がらないことが多々ある。 大きな壁 がある。 一番大きな壁は 病院薬剤師との壁かもしれない。 同じ薬剤師なのに分かり合えない辛さ 哀しさか。 制度なのだから 制度を双方で理解し噛み砕いて ともに同じ説明をしてゆかねばならないのだろう時代に 難しい壁。 …

続きを読むread more