"新たな時代の新薬剤師像"の記事一覧

薬剤師系 いろんな学会の情報を中身で伝え合いたいもんで

いろんな学会に薬剤師がたくさん参加しているようです。 でも 内容について語る投稿がすくないなあって思っています。 集う 薬剤師同士で集う 集う 他職同士で集う そうゆうことも大事だと思いますが、 これだけ情報がたくさんあって 学会もそんなに全部出られない中では、その学会で どんな内容がどのように議論されたのか、そ…

続きを読むread more

コミュニティファーマシスト

コミュニティファーマシスト 嬉しい知らせ。 かねてより 地域の薬剤師が薬局をベース基地として地域で 歩き回りながら活動することを目標に、何か、いい呼び名が無いかなあと考えていて、1年くらい前から コミュニティファーマシストという名称について考えていました。 結構時間や手間がかかったのですが きょうおうちに帰ったら知らせが来て…

続きを読むread more

岸田直樹先生 風邪を診る 集中講義@東京 5月20日午後

岸田直樹先生 かぜを診る 生講座4時間@東京 5月20日土 午後 お茶の水 健康サポート薬局の研修でもありますが、一般薬剤師等参加歓迎します。 このような機会はめったにありません。 臨床推論の考え方 今 言われている風邪への抗菌剤の投与の是非についての考え方 そして何より 風邪 とは。 まだ若干席があります。歓迎します…

続きを読むread more

地域で活躍する 薬剤師の評価と基準 人材派遣会社紹介会社の手腕にも関係する課題

薬剤師の人材派遣の方や、紹介業の方に会うたびにお願いしていることがあるのです。 その紹介している薬剤師の方は、何ができるのかという明確な基準をもって示してほしいと・・・ 今は 薬剤師不足と言われていて 売り手市場かもしれないですが、こんなに薬剤師の一人一人の技量が問われるようになる中で、その手数料を払ってまで、生涯雇用したいとい…

続きを読むread more

風邪について学ぶ  抗生剤・抗菌剤等の使い方について学び考える

風邪について学ぶ ~岸田直樹先生の生講義で風について学び直し・・・目からうろこ~ 時は来た!! 抗生剤抗菌剤の見直しが叫ばれる中、具体的に薬局の店頭で、在宅の現場で目の前の患者の対応をどうするべきなのか? どう考えるべきなのか?多職種連携が進む中で、風邪についての考え方 抗生剤の使い方を考えるせっぱつまった時機となっています。…

続きを読むread more

薬局でがん哲学外来Cafeを開催しませんか? 体感の研修会開催 6月11日

6月11日(日) 勝海舟がその道を開いたかのように 薬局でがん哲学外来Cafeを開催しようのノウハウ学び合い研修会開催 心をフラットにして、自らのこととして学ぶ時間をもちませんか? 勉強だけが学びでなく 資格取得だけが学びでない 体感の研修を HAPは目指しています 誰でも参加できます。(一般の方は事前申込必…

続きを読むread more