2012年11月26日

さよっちの結婚式

昨日11月25日は ケイ薬局の次女 さよっちの結婚式でした。
一生懸命準備してきた成果が十分発揮されていました。完璧!!
色んな仕掛けがあり 濃厚な結婚式でした。自分流プロデュースは素敵でした。
でも、それよりも花嫁年齢24歳25歳、花婿年齢26歳27歳だから、当然たくさん来てくれていたお友達もみんな ほとんどが初めての結婚式ということで おしゃれも盛り上がりも最高でした・・まさにこれからの世代の皆様たち・・若者の力を感じました。みんなすごくカッコよくてきれいでした。女の子たちのお洒落度もみんな品があってとっても良かったです。女子力だ・・・
早速 最後にお友達に 女子力アップ講座の 宣伝をしておきました。・・・そうか・・・結婚式場に 20代女の子向け 招待客用に女子力アップ講座ご案内・・・なんてゆうのもありか・・・一人盛り上がる私でした。
posted by みゃんこ at 09:00| Comment(0) | 結婚とか家族とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

友人の結婚式

【結婚式】2012年1月14日 原宿のフレンチレストラン”レストランアイ”(シェフ総料理長の松嶋啓介氏)で行われた若い友人夫婦の結婚式に出席させていただきました。

結婚3年目の結婚披露宴ということでありました新郎がサッカー選手、新婦がモデルさんそして腕白な2歳の息子という華やかな絵に魅了され、おいしいフレンチ(新婦が望んだとおりのしっかりしたフレンチ)に舌鼓をうち、ワインの中のなごやかな会話に心が和みました。

でもその登場人物の華やかさより、一番感じたのは家族の愛、暖かな友人仲間の共感のようなものでした。新郎の子供のころの写真が同席した2歳の息子にそっくりでどよめき、新郎の父が孫をだいて席を回り、本当に息子に瓜二つですと頼もしそうに孫をみつめる目や、引き出物の箸置きを自ら挑戦する陶芸の腕をみがき、自ら仕上げたという母親の姿とその引き出物のマッチングが暖かかったり、

新婦の父親の私たちが語る娘の話に目を輝かせ、そうなんだ自慢の娘なんだと満面の笑顔をみせ、直接言えなかった父への新婦のメッセージをしっかり娘を一直線にみつめて受け止める姿。初めて知り合った来賓の面々がこのカップルと知り合いという共通認識だけで笑いあう・・・

新婦の祖父母が 茨城で被災して愛媛に住むことになったお話。れいちゃんの話の途中におじい様もおばあ様もハンカチを目に当てて本当に感無量の涙をみせていました。ああよかったなああと初めて会ったとは思えない家族の感動の余波で思わず涙がぽろり・・・

そんな和やかなアットホームな披露宴でした。

新郎が1981年生まれとあらためてきくと、えっ。私がチバガイギーという製薬会社に入社してまさに怖いもののない直線ストレートの時代のことだったかあと。改めて思うことがありましたが、その若者たちがこのように自分の足で家族を作り3年という積み上げたものをもって結婚披露宴というのは実にすばらしいことだとおもいます。昨年やはり20代の後輩の結婚式に出席した時も自分たちで一緒に生活をしながらお金を貯め結婚披露宴をみずからの司会で行い感動しましたが、今、このような若者たちが増えていることにとても安堵の思いを感じ、そして我々「人生50歳まで」を過ぎた人間がその支援をしてゆくことの大切さを身に持ってあらためて感じた一日でした。

S選手、Rちゃん、I君そして生まれてくる第二子の前途に大きな幸せと前進があることを心から祈念し、応援を誓う今日の一日でした。どうもありがとう。
posted by みゃんこ at 07:48| Comment(0) | 結婚とか家族とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする