薬剤師受講シール求めの無謀者のむなしさを プラスのベクトルに変えようとする思い 淡々と地道に継続するが大事

毎日の取り組みで、よかったあという参加者同士の声掛け。これは、自分が知りたかったことがわかったり、知っていなかったけど、自分が心の中で知りたかったことが解決したことや、同じ思いの人がいるんだという安ど感だったり。そうゆうIPW=ともに学ぶことから始まるシンパシーのようなもの。

でもそこに水を差す「薬剤師受講シールほしさの無茶質問」

どんな集団やどんなプロセスでもこうゆう一部常識に欠けるような行動がプラスのベクトルを後ろに若干引っ張ります。ルールはルール。昨日のびっくりは本当にびっくり。言えない・・・

でもそうゆう人たちが、こうゆう研修対話を聴いてちょっとでもない用に興味を持ってくれるようになれば少しプラスになるかとか思っています。HAPの場合24時にキーワードを締切り、毎朝、そのシステムを確認して、私ともう1名で適合になった方たちのリストを作るのですが、朝からがっくりすることあります。

でも、人間の務めというものは文句を言わずに、よしと思うことを淡々とすることが大事だと思うので頑張ります。

myanko2.png

この記事へのコメント