GEの会社の報道で、保険薬局現場は大混乱

オリジナル医薬品やそのGEを選ぶ権利を今一度選択できるようにするなど制度の見直しをする時機が来たのだろうと思います。

これも政治の無策を如実に表しています。複数のGEの会社のルール違反での業務停止などの報道が相次ぎます。当然、自分が飲んでいる薬を確認して、不安になり電話をしてくる患者さんはたくさんいます。かかりつけ薬剤師との信頼関係が問われます。きちんと説明する=一人一人に合わせた対応をしてゆく。それがかかりつけ薬剤師に課された仕事です。そのうえで。

報道が必ずしも悪いわけではないですが、報道による事実には、業務停止に対して、国がどのように国民にかんがえたらよいか、薬局に対してどのような対応を指示してゆくのかが決まっていないしなされていないので、対応が個別に振られることになるので、混乱するところは混乱してしまう。今の日本によくあるパターン後手後手なんですね。

今服用しているGEに不安を感じた方は、オリジナル医薬品や他のGEに変更する その場合の手続き(薬局での調剤費用の取り扱いなど)何もダイレクションがありません。もとより考えてくれているのかどうかも不確かなんです。気づきのない後手後手の施策です。薬剤師会医師会もその点についてのダイレクションをだしていません。処方医師にも問い合わせがあるかもしれません。

とにかく、出荷や流通が不安定になっているのです。余波を受けたオリジナル医薬品も同じことが言えます。

この何年もの間、国は、国民にジェネリック医薬品を推奨し、保険薬局にも調剤報酬上で人参をぶらさげ、GEにできない薬局薬剤師が説明能力がないくらいの締め付けをしてきました。現場第一線の薬剤師は一生懸命GEの説明を患者にしてきました。同じ種類の薬でも何種類も薬局に置き在庫を無駄にしながらもがんばってきました。患者様たちも同じく保険組合からも強く言われて協力してきました。医師も一般名処方を強く促され、協力してきました。その結果がこんな状態です。

もともと それほど強い企業でなかったGE医薬品のメーカーが、オリジナル医薬品をしり目に強いテレビ広報などにより、GEメーカー医薬品として急激に台頭し、名を馳せてきました。今回の業務命令の会社は最大大手の1つであり、またその前の会社の製造品は多くのGEメーカーに原料を提供していました。

非常に強い国策により誘導されたGE医薬品が今、危機にあり、その対応に対する国のダイレクションや対策についてのコメントはなされていません。メディアが報道しないのではなく、大元で対策がなされていないのだろうと思います。

哀しい現実ですが、一つずつ丁寧にかかりつけ医師とかかりつけ薬剤師が対峙してゆくことになります

ただやみくもにGE製品に変更を促す時代は一つ終わりに来ているとおみます、オリジナル医薬品の価格を下げる オーソライズドの拡大とかいろいろ方法もありますし、オリジ�ナル医薬品希望の方への差額払い対応もできると思うのです

この機会にこの制度の見直しを強く求めてゆきたいです。

選ぶのは国民 安価なものをとにかく選びたい人から、ブランド品に差額を払っても使いたい人もいます その選択肢は国民に利することが大事です。今一度見直しを訴求してゆきたいです。

myanko2.png

この記事へのコメント