地域密着型薬局を育てるためには@病院薬剤師の業務変容も大事@MSWとの連携必須

健康サポート薬局を育て活用してもらうようにするには、その薬局の最大限の努力と実践と見える化と それがロールモデルとして情報公開がされていくことだけど。

地域密着型は 薬局だけでは解決せず「病院薬剤師」のチ�カラと行動変容も絶対必要。入退院ときに どこの薬剤師がかかりつけ薬剤師なのか、かかりつけ薬剤師を知らない場合は制度をしってもらい、自分で選ぶ力をやしなってもらう 退院の時には必ず退院カンファランスにでてもらい薬剤師を呼ぶ、来れない-来ないときは薬剤師さんに渡してほしいと情報提供書を出しつながる、そうゆう関係性が業務の上で成り立つのだろうと、団体と病院ではなく 個別にきちんと対応してゆくことが求められると思います。かかりつけ薬剤師が一緒に頑張りたい仲間の第一は 病院薬剤師です。

myanko2.png

この記事へのコメント