健康サポート薬局に係る薬剤師研修

もう一つの意味合いに参加講師や関係者に技能1をたっぷり聞いてもらい、技能3にたっぷり入り込んでいただき、参加他職種の方に 健康サポート薬局の意義をしっかり頭に入れていただき活用いただく子とにあると思っています。きのうの WEB岩手県健康サポート薬局の講師の方たちにもたくさん参加してもらえました。それぞれの職種の主張というところも有意義です。

昨今 内閣府の調査で 全く国民に認知されていないことがわかりました=調査しなくてもわかるけどね・・・結局 かかりつけ薬剤師の制度は報酬につながるところもあり、健康サポート薬局の制度は報酬にはまったくつながらなり → 昔からの介護保険サービス制度(報酬での事業化)と 権利擁護(市民後見人制度=ほとんどボランティア) の2軸が前者に傾いたのと同じ・・

健康サポート薬局に係る薬剤師研修の研修では 個のもう一つの役割と 実践ロールモデルの情報公開が重要ですね・・・

「薬局の利用に関する世論調査」の概要

令和3 年2 月 内閣府政府広報室

調査対象 全国18 歳以上の日本国籍を有する者 3,000 人

有効回収数1,944 人(回収率64.8%)

調査期間 令和2年10 月8日 ~ 11 月22 日調査

健康サポート薬局に求める役割について


(1)健康サポート薬局の認知度

(資料3を提示して、調査対象者に読んでもらってから質問)

問16 あなたは、健康サポート薬局について知っていましたか。(○は1つ)

令和2年10 月

・よく知っていた 1.5%

・言葉だけは知っていた 6.5%

・知らなかった 91.4%

myanko2.png

この記事へのコメント