「〇〇さん本日からショートステイ 〇日戻ります」の連絡に薬剤師がどのように関わっているか。

ショートステイ・検査入院・入院時・デイサービスの薬の管理。

→ 本日1件ショートステイから帰宅 1件ショートステイに。奔走。

薬剤師が関わることでショートステイ先の看護師に安心を、そして負担軽減と誤薬防止を。
服薬指導では、昨今 入退院のときの病院薬剤師と保険薬局薬剤師の協働がようやく言われるようになってきたが、地域のかかりつけやくざいしとしては、病院のように薬剤師や医療職がいて病気の治療としてのやり取りは当然のことながた、もっと生活に近いところで、

①ショートステイに行くとき帰ってくる時(ショートステイの看護師との協働や連絡)
②検査入院で短期間入院する⇒ 抗凝固薬を抜いたり戻したりなど他にもたくさん
③デイサービスに行くときに 滞在時間に薬がある場合や入浴の後の水虫の薬とか 点眼薬とか
④ヘルパーが変わった時とか 薬が変わった時のヘルパーや訪問看護師への連絡とか
⑤特養や高齢者施設入居の時の伝達

など、かかりつけ薬剤師としてすべき仕事が限りなくあるわけです。
このあたりについては、介護支援専門員(ケアマネジャー)、が居宅療養指導としてケアプランに薬剤師をどのように位置づけているか あるいは居宅療養指導とまではいかなくてもかかりつけ薬剤師としてケアプランの1票に記載し、きちんとやりとりを薬剤師としているかにより医薬品の管理が異なってきます。薬剤師がやるようになっていれば少なくともステイ中に間違いが起きないよう看護師とやりとりができますが、それをやっていないと、家族か訪問介護=ヘルパーが鞄に詰めたものとお薬手帳をもってゆきそれを現場の看護師が確認しそのまま投薬ということになりますので、注意事項やらなんやらは十分伝わらないまま 何となく理解したまま薬剤師が関与しないままの服薬となってしまいます。

今後 薬機法等で 指導した後の服薬の情報管理ということまで行くということを想定すると この短期間の出入りというものにもっと薬剤師が関わったほうがより安全ですし、またそのことをケアマネジャーが認識していただくことも安全性確保や患者の療養の質の確保に必要なのだろうと思います。 調剤報酬の話し合いの時にもこうゆう現場の実情というものが反映されるよう意見を述べてゆく必要があるなあと感じた今日の一日でした。

zaitaku.png

この記事へのコメント