2017年12月30日

風邪の考え方 抗微生物薬の適正使用は急務の課題

岸田直樹先生の書籍を 特に在宅医療 高齢者施設に関わる医療者に手に取ってもらいたいと切に思っています。
インフルエンザ流行の中で 風邪がはやる季節において、
抗微生物薬の適正使用ガイドラインを順守し 適切な医療を行うためには 共通用語が必要です
医師向けは難しすぎても この本であれば、誰が読んでも理解のできる範囲の内容。一般の人でも読めます。
未来の耐性菌防止のためにも 高齢者施設における耐性菌防止対策にも 美奈が真剣に取り組まねばならない時が来たと思っています。考え方を広めてゆきたいです

よくある気になるその症状 じほう
posted by みゃんこ at 14:52| Comment(0) | 健康サポート薬局 かかりつけ薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。