2017年12月04日

かかりつけ薬剤師の報酬の 見える化と それに伴う正当な評価についてもっと進言しよう

薬剤師の在宅周りの報酬にかんしての思い。




薬剤師の退院カンファランスへの参加について ようやく病院薬剤師の参加についてだとか 情報連携などがちょっとずつ動き出している。保険薬局薬剤師は退院カンファに出ると一応フィーはついているのだから前後いれて3時間くらい使ってもやっぱり職責として出るべきだと思うのだが。




一方で 滅茶苦茶多いのが サービス担当者会議。

これって こんなに時間かかったり調整して参加するけど・・・こうゆうことがあるなら 包括支援指導にしたほうが良い気もするんですよね・・




あと 特養の処方調剤・・当然配薬もするけど調剤の普通の外来と何も変わらず。他でやっているグループホーム、サ高住、有料老人ホーム での配薬や服薬支援指導・管理より帰って大変だったりするのに 差がありすぎ=つまり特養何もなさすぎの他の施設訪問 高すぎ・・・持って行ってるだけの輩も同じフィーというのも何とかならないもんかと思うわけで。




あと病院への入院ときの 情報の提供と受入れの病院薬剤師とかかりつけ薬剤師の連携=ここは 薬局ではなくかかりつけ薬剤師がきちんとついていることが前提の 情報のやりとり、それに伴う退院情報の提供。




ケアマネが入院3日以内に提供するといっても無い様に限りがあるのでかかりつけ薬剤師の仕事のひとつとして 冠者の入院ときの 日常服薬情報提供をいれればいいだけなんだよね。 そうゆうことをきちんと 伝えてほしいわけなんです。




こうゆう細かいProsConsは その職能団体にしかわからないわけだから 実情に合わせて 少ないならその根拠をしめし、仕事によっては多かったりする場合があるならその是正に関わる ような 進言をしていってほしいなあ 




などといつも思っています。

posted by みゃんこ at 19:07| Comment(0) | 健康サポート薬局 かかりつけ薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。