2017年12月04日

健康サポート薬局を担う薬剤師の資質強化が大事。

健康サポート薬局を担う薬剤師

健康サポート薬局に係る薬剤師研修修了認定の意味。




今まで薬局関係者の中では、多くの議論というか、目の付け所が、健康サポート薬局を立ち上げるには、その条件として 研修修了認定を受けた薬剤師の常勤〜1人でもいいけど2名くらいいるとよいのような~条件としての立ち位置ばかりが注目されてきた。




でもこのところ いろんな薬剤師の研修をするにつれ思うことは、それは職能団体薬剤師側からの理論であって。




本当の意味は、そこに相談にいったら ちゃんとその研修を受けたといわれている薬剤師が 答えてくれるのかということが正しい見方ではないか。当たり前だけど。




厚生労働省の会議の議論できこえてきたのは、

「その中身が大事」これには2つ意味があり、大手のチェーン調剤薬局が宣伝に使うためにこの施策をりようしていないか ということと ちゃんと回答してくれるんだろうな、健康講座っていったって ちゃんと国の健康施策であって宣伝ではないのだろうな というような思惑があるのだということを考えた時。堂々と胸を張って こんなことができる薬剤師が こんなことをしたことで こんなふうに住民が健康づくりにとりくむようになりました のような結果を出していかないといけないのだろうと思うわけです。




とすれば 修了認定を受けた薬剤師がはたして どれだけの知識と技能をもたされて修了認定を受けたかが大事になってくるのは当然。HAPでは そこに注力して頑張っていかねばならないと改めて思うのです




修了認定だけが目的でなければ 実際に複数の団体の研修を受けてもよいのだろうと思います 2つ以上受けて初めてわかること多々。自分もそうです それぞれの団体には特徴があります。




直近では、まだまだ多くの薬剤師が 大手2団体のどっちにもあまりはいりこんでいなくて 受ける機会を逸している薬剤師が多くいることもわかり衝撃でした。

まだまだやることはたくさんあります。頑張りたいと思います


posted by みゃんこ at 06:03| Comment(0) | 健康サポート薬局 かかりつけ薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。