2017年11月06日

今か 未来か 研究の視点はどこ?


最近ふと思うこといくつか

@昔、病院のひとつずつの科で専門分岐が盛んに行われていた時代⇒専門性の高まりの還元のためにすべきことは何か⇒ 単に総合診療医ってことでもないのだろうと思うけど、専門分化しすぎたものを また一つにってのはとても難しいし その医師の気持ちもあるから一筋縄ではいかない

Aちょっと前か、医薬品の目覚ましい研究開発発展により、難病のみならず 多くの生活習慣病の薬の販売が促進されこんな病気にならないようにあんな病気にならないようにってたくさん投与された薬が今やポリファーマシー⇒減薬するにも 維持するのにも 超高齢者のエビデンスがほとんどないわけなので何にも進まない⇒ こうなると うちの親については薬を減らさないでほしいとか 減らしてほしいとか市民の声が優先されることは望ましいが、そうゆうことで本当によいのかどうかもわからない。ただ あまりに薬がGEにかわってしまっているので オリジナル医薬品メーカーがきちんと超高齢者のための減薬研究を手伝ってくれるとは思えないし。いろいろ疲弊がある。

B在宅医療ということで2025年 2035年2050年の準備が進む中で いろんな職業が必要とされどんどん在宅医療現場に投入されるけど ⇒それって 普通の生活の中で生活者がもっと考えていった方が良いのではって⇒公費便りよりも コツを教わったそれぞれがもっとできるような仕組みとか ⇒あるいは もっと前からの生活支援とか そうゆうことかなあって。食べることや 動くことや 寝ることなど基本的な営みについて 支援者側の力と 生活者側の力は 平衡が保たれないと 辛い人生になりかねないかも。ああやってあげたい こうやったらもっとよいのに っていうのも一部は他人の進言。ひっそり静かに 今までの周りの人たちとともにってのも自然な考えなんだけどね。

Cメタボの啓発がもたらした最大の 課題=超高齢者にさしかかって真面目に医療者の指導に従ってきた真面目タイプのいわゆるA型器質の女性の方が いまだに卵や脂っこい肉とかいろいろたべてはいけないという生活をしていたら 今度は 低栄養とかいわれてしまっている案件は、何とかしないといけないなあ。その方が悪いわけではないから どうしてそのように指導が変わってきたかとこれから生活をかえてゆくことにについてちゃんと理解してもらうことがだいじなんだなあと。

Dすべては 頭や 発想だけでは動かないってことが、これからの超高齢者社会。今まで医療者の言うとおり生きてきた人でも これからはモノ言う市民となってゆくんだと思う

そのギャップに気づくことが大事って思います
posted by みゃんこ at 22:11| Comment(0) | 健康サポート薬局 かかりつけ薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。