2017年09月26日

選挙と 目の前の浅草生活 その乖離がはんぱじゃない


漠然と・・・日々の忙しさと、突然の国会議員選挙が なんとなく乖離している感じが歪めない。選挙はお金がかかるんだろうしなあ。2020年にオリンピックもあるしねえ。
浅草の街では、変な着物きた集団やカップルが、人の家の軒先や道路の真ん中で写真とかとって、町全体が芝居小屋みたいな感じだし、工事があちこちでやりすぎくらいやられていて、その道路整理の人が車を運転する身になれば一番危なくてどいてほしくて、自転車煙草やバイク煙草も横行していて、その合間を手押し車の高齢者が行き来しているし、警察では認知症の人が保護されているし、保育園ないから若いお母さんのストレス満載だし、ほんとに生活の質悪化しているからね・・こんな時期に選挙とか言われてもなんかピンとこないし、政治家のお仕事ってなあに・・って感じです。

今回は、あんまり選挙のテレビやネットニュースみないほうがよさそう。ああゆうのずっとみていると、TVに出ている人は三文ドラマの役者にでもなってるように思えてならないしね。気が滅入ってくるよね。この 出口の見えない何かを突破するにはよほどの根性と精神力 見ざる聞かざる言わざるで、地道に目の前に与えられた自分の役割を全うするしかないかもしれない。

つくづく政治家ってゆうのは 政治でごはんを食べている人なんだなあと 選ばれし人ではないなあと思う今日この頃です。政治家でなくてもそれを応援する政治職能集団も全く同じです。何だかねえ。
posted by みゃんこ at 06:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。