浅草地域の食育実践

【浅草地域の高齢者食事支援の新たなストラテジー@薬局発】
きょうの前進一歩。
先週来より相談中の 5丁目八百屋さん。
いよいよ1月5日に初荷を出してもらうことにしました
今までの某業者とほぼ同様に 野菜と果物、卵、豆腐のセット
まず3000円で組んでもらいいつもの通り賄い味噌汁とかに使います


⇒1週間かけて ケイ薬局でみんなでポップ作ったり、レシピとか作ります
⇒5丁目八百屋さんの店頭にポップとか レシピとかを近所の人用に使ってもらいます。感想をゲットして成長してゆきます


これを繰り返すと 旬の野菜と果物の紹介資料やレシピが1年で相当な数に


1人暮らし用や 2名用のセットも見本も次々と創り上げてゆきます。


あそこにいけば、セットしてくれたり 配達してもらえるしという評判が、介護職=ケアマネさんとかヘルパーさんとか 訪問看護師とか訪問医師に伝わるとだんだんと 広まってゆくかなあ・・・


来年は 女性の健康力強化年にもしたいので、これが広まって
高校生の食育や 妊娠力強化の食育、働き盛りの女史たち、更年期女史など高齢者だけでなく 多くの地域の人たちが 野菜やたんぱく質を適正にとれるような仕組みをつくりたいなあって思ってます


とりあえず最初の一歩がはごろもで 二歩目が八百屋さん

この記事へのコメント