雑感@メールアドレス@企業共催 主催の研修増加でのリスクマネジメント

今、過渡期なので、WEBでの研修が一つのハードルとして取り上げられることが多くなっています。地域の薬剤師会などいろんな小さな団体も取り組み始めましたが、多くの薬剤師が初めてのことで言われるがままにメールアドレスを提供し始めていることに懸念があります。なんか危ないなあと。 HAPではHAP独自の研修では企業と組むことはないので、メールア…

続きを読むread more

地域包括ケアの考えは原点に

中野先生の講話の中に、気づきはたくさんありました。 例えば、コロナ災禍の前は 地域包括ケアは地域ごとというか地域の行政というか、地域の包括支援センターというか、…いろいろ何かをしなければという動きの中で、「居場所を作る」というようなこともしきりに行われていました。 そのころ、自分は「地域の住民はそれぞれ居場所を持っているのだから…

続きを読むread more

デジタル・ハイブリッド

【デジタル・ハイブリッド という言葉に踊らされない胆力と自分守りが必要】 →【でも要は中身が大事、いいものだけを選択する。自分の時間を大切にマネジメントするが大事】 横文字で、デジタル、ハイブリッド、WEBとかたくさん出てきますが、そのこと自体には、インフラ整備であったり、使いこなせる能力が求められますが、そこには莫大な新しいビ…

続きを読むread more

メールアドレスの行方

こんなにオンラインのいろいろや、WEB会議とか一気に広まって、メールアドレスの管理は大丈夫なのかなと思ってしまいます。例えば製薬会社主催の研修だったり、主催は違っても製薬会社やコンベンション会社とかが受付をする場合は、すべてメールアドレスが登録されちゃう形になってしまい、それの二次使用はしないとかは書いてないし、破棄するともかいてないか…

続きを読むread more

健康維持と感染予防対策@薬剤師の自覚編

寒くなってきたので、薬局でも本格的に種々の感染予防対策を考えて行動してゆこうと思います。お届け強化を図るべく=私の足回りをよくするため、家でも運動をする習慣を何とかこの週末から復活しようと考えています→ ビールか自転車こぎか どっちが先かの問題です。心強く持たないと感染対策はできないです。(自覚はあっても流されやすい性格で 迷うとパソコ…

続きを読むread more

夜中のカレー作りで今日の落ち着きを戻すかな

今夜のマイケアプラン研修会でのあれこれ討議を思い出して、明日の賄のカレー作っていた。 ひと昔っていつよって言う前には、こうゆう研修の後はそのあとの議論飲み会とかがあって、感想をいいあったり自分なりに納得するまでいろいろ話したりしたもんだけど WEB研修とかだと プチっと終わるので、しばし仲間とチャットしたとしても なんだかもやもや感が…

続きを読むread more

ケイ薬局まかない

ケイ薬局のお昼はまかない。いつも自分が具沢山汁物をつくる。 それだけだとたんぱく質が不足するので、すぐ近くの”わびすけ”=ランチ屋さんだったけど今はお弁当屋さんに一品ずつたんぱく質ものを頼んでいる。そしてみんな順番にご飯をたべる。ご飯は炊いてあってパンに合うおかずの日はパンも。ふりかけとかもある。 月曜日から金曜日 →きょうは塩…

続きを読むread more

どう生きるか、生きたいか@時代と情報に振り回されないように

ここまで目まぐるしく環境が変わってくると、いろんなことが融合してがらがらぽんになってくるし、振り回されるから。一番大事なことは自分がどう生きたいかではないかと。どう生きたいかと思ったところで利用できるものがあるかなと考えていないと ぶんぶん振り回される駒になってしまいます これからは一人一人が選択してゆく時代かと思う毎日です。 研修…

続きを読むread more

縦割り110番は、政策提言も伴うものに

縦割り110番が爆発するのは今の政治の背景から考えても仕方がないことですが、それは長い間の制度のひずみを理解しているひとや気づきのある人が発信するので大事な政策への道しるべになると思います。でも、ただ あっちがいけないこっちもいけないという言いつけ型では何も解決意思ないので アイディアも入れた政策提言などができる仕組みになるとよいと思い…

続きを読むread more

縦割り110番@学校における保健教育と医療介護の協働を

より健康に生きてゆきたいと若い人たちが思うような世の中を作らねば。 【縦割り110番@学校における保健教育と医療介護の協働を】 最近、若い医師たちが短く端的にまとめた講義をされるのを目の当たりにして、とにかく、彼らの能力に頭がさがり、かつ、面白い世の中になったなあと思っているところです。 その世代はすでにデジタル化が始まっ…

続きを読むread more