新年 新たな部活始動か。

こうご期待!!  2018年 新たな地域活動の構想妄想広まっています。 より、地域のためにより、自分のまわりの人々との暮らしの安全と豊かさを みんなで分かち合えるような妄想構想です。結局人間というのは、自分が育ち、学び、考え 醸成された価値観を大切にしたいものだと思います。価値観の多様性の中で、そのことが大事にされる人生 そ…

続きを読むread more

風邪の考え方 抗微生物薬の適正使用は急務の課題

岸田直樹先生の書籍を 特に在宅医療 高齢者施設に関わる医療者に手に取ってもらいたいと切に思っています。 インフルエンザ流行の中で 風邪がはやる季節において、 抗微生物薬の適正使用ガイドラインを順守し 適切な医療を行うためには 共通用語が必要です 医師向けは難しすぎても この本であれば、誰が読んでも理解のできる範囲の内容。一般の人…

続きを読むread more

インフルエンザの患者が 医療施設をいったりきたり 街を縦横にあるくという日本の不思議さ

緊急避妊ピルのOTC化が議論になっているが、インフルエンザとかノロのキットなどの調剤薬局での販売なども重要なのではないかと思う年末。 そもそも、インフルエンザかもしれないという人たちが、病院にいったり診療所にいったり 途中でパン買ったり 薬局にいったりそこで多くの人たちと接触していることが、あんまりみんな怖いと思っていないのが難か…

続きを読むread more

年末年始 抗微生物薬適正使用ガイドラインについて思う

年末年始と 抗菌薬適正使用ガイドライン。警鐘!! 年末 沈まぬ太陽の様な時間を過ごしている。 昔、会社員をしていたころは、今思えば、年末年始、GW、夏休み、ぱっきり心を切り替えて自分に戻る時間がもてる、そんな幸せな時を過ごしていた。改めて雇われのメリットを思い起こすという事なんだと。 今、かかりつけ薬剤師やら、特養の…

続きを読むread more

健康サポート薬局は 丁寧に 手順通りに そして市民のために継続が大事

仲間の薬局、後輩の薬局、、 ひとつずつ丁寧に 手順をふんで、 将来を見据えて、健康サポート薬局申請にチャレンジし、そしてひとつずつ各地で受理されていっています。 ものごとは 丁寧に 手順通りに手を抜くことなく 日々を重ねてゆくことがとても大事なのだと改めて痛感します。 健康サポート薬局を名乗ることの住民への責任を果たせ…

続きを読むread more

結婚式でもかかりつけ薬剤師の紹介を。

阪でのミッション終了 よかった、だんだん声が普通に。 しゃべっていると出るようになるもんだ。しかし大事を取って 60分講義→20分ビデオ;OABと女性特有の腹痛見逃してはいけないこと→10分まとめのお話 今日も力強く かかりつけ薬剤師と 健康サポート薬局について エンパワーメント。どれだけの薬剤師に響き行動に移してもらえるかに…

続きを読むread more

一日一善 やるべきことが絞られてきた かかりつけ薬剤師のロールモデル

大阪でのミッション終了 よかった、だんだん声が普通に。 しゃべっていると出るようになるもんだ。しかし大事を取って 60分講義→20分ビデオ;OABと女性特有の腹痛見逃してはいけないこと→10分まとめのお話 今日も力強く かかりつけ薬剤師と 健康サポート薬局について エンパワーメント。どれだけの薬剤師に響き行動に移してもらえるか…

続きを読むread more

制度を育てる努力

制度というものは、制度ができた後に、その関連するものが その制度に精通し、考え、工夫して、実行してみたその経験を職能団体でさらに活性化してゆかねば広まらない。 制度をこの過程でまなびつつ、一般市民にその何十倍ものエネルギーと時間と回数をかけて広めなくては広まらないし、定着しないし市民に役に立つものにはならない。 昨年からの…

続きを読むread more

施設要件としてのかかりつけ薬剤師・薬局制度 の中での食支援をシームレスに

管理栄養士と在宅医療。施設基準としてのかかりつけ薬剤師制度(薬機法)を活用したらもっと幅が広がる。終末期、要介護の状況のもっと前からの 食事の支援・教育が調剤等のたびに受けられる あるいは24時間相談対応の枠でも対応できる。いい制度なので そっちにも視野を広げたらよいのではないか。 そんなことを佐々木淳先生の投稿と 他のかたの…

続きを読むread more