国民目線での議論を。女性に対しても、患者に対しても

様々な論議がなされている。 ものごとが、職能同士の立場争いや利権にならないよう  あくまでも今後生きてゆく世代の人たちのことを考えて智慧を出し合うような論議をしてほしいものだと思う。 男だからとか女だからということに固執するつもりはないが、 やはり生活の場にいる場面の多い女性を議論の場に多く露出してゆくことは悪いことでは…

続きを読むread more

緊急避妊ピル OTC化について

日本ではOC LEPの許認可のの時にも相当苦労しましたし、HRT領域でも同じです。 薬剤師向けの調査でも OCLEP理解して説明できる=せいぜい2割 大学でもろくに教えていない それに薬剤師のみならず成人女性に月経移動や避妊の知識 あるいは月経記録や基礎体温でもセルフマネジメントできるような 大人教育が実質的に浸透していない、2…

続きを読むread more

薬剤師の調剤技術料

何度もそのことについて考えているが、薬局薬剤師の調剤技術というのは、そんなに安くみられているのだ あるいは それに対して薬剤師側が反論できないでいるんだ ということが悔しくてならない。 多くの保険薬局の薬剤師は、個店であろうが、チェーンであろうが、勤務薬剤師、個店オーナー薬剤師 みんな朝から晩まで本当に一生懸命働いている。それに1…

続きを読むread more

台東区はばたき21&NPO法人HAP 公募企画 丸投げしない生き方介護を学ぶ 受付開始

丸投げしない生き方・介護を学ぶ 自分らしく 自分の家族らしく生きる 主催 NPO法人HAP 共催 台東区男女平等推進プラザ はばたき21 公募で通った企画です。 台東区在住在勤の皆さま 一般の方むけきかく  医療介護関係者も含めて歓迎  ぜひご参加ください  申込は はばたき21まで すっごくいい企画で…

続きを読むread more

高齢者住宅等における 薬剤師の関与 報酬の見直しが求められます

薬剤師の調剤報酬、居宅療養指導 高齢者施設での薬剤師のあり方 これはもっと議論されてよいことだろうと思う ブラックボックス!! ①サービス付き高齢者住宅 ②グループホーム ③有料老人ホーム    この3つは居宅療養管理指導費1回3500円の報酬つき・・・・で 薬剤師が何をしていてどのくらいの時間何をして帰って…

続きを読むread more

モノの値段と 報道

よく 処方箋の費用とか受け取りの手間というとをメディアがとりあげる。とすると、うちの患者様でも、「病院でもらうほうが安い子と私は知っているから病院に行った時は病院で処方箋だしているところに通院して処方のおくすりもらってくるの」「でも近くの開業医さんのときはここなの」というような何だかわかったようなわからないようなことになっている。 …

続きを読むread more

今か 未来か 研究の視点はどこ?

最近ふと思うこといくつか ①昔、病院のひとつずつの科で専門分岐が盛んに行われていた時代⇒専門性の高まりの還元のためにすべきことは何か⇒ 単に総合診療医ってことでもないのだろうと思うけど、専門分化しすぎたものを また一つにってのはとても難しいし その医師の気持ちもあるから一筋縄ではいかない ②ちょっと前か、医薬品の目覚まし…

続きを読むread more

高齢者施設 人材がいない 

施設に入った 超高齢者の方たちは、どのように生活してゆくことが幸せなんだろうか。と考える日々。 日本でも今高齢者施設はとっても求められているけど、そこで働いてくれる若者や壮年実年の人たちは極端に少なく、働いている人たちも とても苦しい毎日となっている。 なにせ人がいない、人を教育する資源も少ない、報酬も少ないの悪循環。それでも…

続きを読むread more

製薬会社の明暗 ポリファーマシーとGE

製薬会社の 利益に明暗とかいうニュースをみていて何となく暗くなる。 日本中で 国の誘導で オリジナル医薬品⇒GE製品へ。それなら オリジナル医薬品の薬価をさげてGE医薬品と同じ価格にすればいいのにとかは 勝手な素人の考えなのだろうか。医薬品の開発にはそれだけの思いがこもっている、だから市販後調査もしっかり行い、宣伝も丁寧すぎもあ…

続きを読むread more

超高齢化の兆しじわじわ

命を終えようとする人、その家族 自分で意思が決定できなくなってゆく認知症の人 その家族 超高齢独居の方でその先の不安があっても一人で頑張っている人 今の浅草はいよいよ超高齢期に入り わさわさとしている。 週刊誌や ネットで 薬局のもうけのからくりとか病院と薬局の調剤報酬の違いとか 念入りに丁寧に騒いでいるけど、薬局売った…

続きを読むread more