台東区 みんなの広場まつり 間もなく11月3日 出展します

11月3日 は みんなの広場まつり。 今年は何だかバタバタしていて十分な準備、気持ちの余裕がないなかですが、浅草かんわネットワークメンバー ケイ薬局メンバーで がんばって 盛り上げます。 骨量チェック ロコモ度チェック ほか がんばります どうぞ皆様お越しください http://www.city.taito.lg.jp/i…

続きを読むread more

勝海舟の魅力

勝海舟記念下町浅草がん哲学外来。 というだけで大いに盛り上がった今日の昼下がり。 家族の余命を告げられる わかっていても辛いことだ。 ましてや年老いた両親の一人。 もう一人の親とて 辛いことだ。 ほんの少しの、たわいない会話。 家とはちがい ちょっと歩いて薬局…

続きを読むread more

ポリファーマシーと かかりつけ薬剤師制度 と地域の人々のありかた

学問の世界で ポリファーマシーが課題になっていてガイドラインが出来てきている。さらに学問的にはこうしたらいいとかああしたらよいとかの話題が出てきている 一方で、医療介護在宅といういわゆる地域では、こんなに薬が出てきました というニュースや写真がでてきていて 薬剤師の言い分 ケアマネの言い分が でてきている。 薬が多いから…

続きを読むread more

地域で起きていること AIか 人間としてのメンターか 肩書としての支援者か

昔、病気の治療で苦しむ家族をどうしても家に連れて帰りたい・・といえばそれは無謀だ と言われ でも連れて帰りたいと強い意思を持つ家族はそれを一生懸命何とかして周りの人も手伝って連れて帰って来ていた・・こともあった。 その過程の中に 家族なりに本人なりに必死に知恵や人伝をつかい一つ一つ納得と不安、納得と理解 そんな階段をのぼり段々と実…

続きを読むread more

1日1回 1日5人に 薬剤師が語り続ける・・・

毎日の一歩は小さいけれど、 毎日毎日 1人でも多くの人に伝える  ☆ かかりつけ薬剤師の制度 老いの準備 生活の安心 ☆ おくすり手帳は住民自らの命綱 ☆ 健康サポート薬局を地域で役立つように育てよう ☆ 薬機法 ☆ ロコモに負けない日本をつくる ☆ 婦人科のかかりつけ医師 がん検診 ☆ …

続きを読むread more

健康サポート薬局哲学

一日一善といいますが。 毎日毎日 昼間は地域で 夜は研修で かかりつけ薬剤師とは と健康サポート薬局とは と問いかけ、説明を続けていると 自分の中で 健康サポート薬局哲学のような展開が起きているような気がします。 健康サポートの機能を有する薬局とは、 かかりつけ薬剤師・かかりつけ薬局の機能を持っている薬局の…

続きを読むread more

日本女性医学学会@11月4日5日 大阪

11月4日5日は 日本女性医学学会@大阪です。 ぜひ皆様御参加下さい 生涯にわたる女性の健康支援は、健康サポート薬局の究極のテーマのひとつです。総合的に学ぶことで、日々の日常業務の中での住民や患者との出会いに大きな進化が訪れます。 自分の生き方にも大きな影響が・・・ ぜひご参加ください NPO法人HAP関連のス…

続きを読むread more

いつの間にか やってあげすぎが頼りすぎで何もしなくなってしまう高齢独居女性のたとえ

いつの間にかこうゆうことになっているというたとえ。 かかりつけ薬剤師の概念も 住民が自分の意思で選択することの行為のひとつになりますが、ケアマネジャーや介護保険サービスについてはまだ、住民が選べるというところの粋には達していないため、結局その人自身が望んだのか望まないかにかかわらず たまたま出会った あるいは紹介されたそのケアマネ…

続きを読むread more

今夜はOATHAS

今夜は OATHASプライマリー2期Vol1の2回目です。 毎回 講師の私が技を磨かれる講義の時間になります。 最近では アドバンスコースも始まり、結構頭の中はぐちゃぐちゃなんですが、きょうはプライマリーということで基本のキ 健康サポート薬局と女性の健康支援のつながりみたいなことも含めてお話します。 …

続きを読むread more

健康サポート薬局 を考える哲学

昨夜、越谷で健康サポート薬局の技能研修を行った。 講師に中野智紀医師と 時田管理栄養士を招聘し、講義とともに深い議論を経験致しました。 技能1 技能3の奥深さを皆で考えました。 つまり、健康サポート薬局とは 何なのか、 薬剤師はその器を使い 何をすべきなのか、いや 1人の人間として 地域住民として そして国家医…

続きを読むread more