2017年07月31日

製薬会社のMRと リエゾンチームの役割


今の時代のMRの仕事とは。製薬会社の仕事とは。
ってな話を 週末仲間としていたら 3年前の投稿が出てきました。

そのときは 市販後全霊調査の医薬品について突然 いつもは混んた雲もないMRが訪ねてきて 処方元情報をおしえろと言ってきたという話でした。

しかし、今、こんな世の中になり、MRのすべき仕事が大いに変わってきたと思うのだが 企業に聴くとやはり MRの評価は売り上げが主流になっているらしい。地元のMRと 何やらよくわからないリエゾン担当者・・これも企業側では 分類が出来ているんだろうけど 現地顧客側からするとなんだかちーっともわからないですよねえ。

私たちが 一番企業に求めたいのは、タイムリーなDI情報、減薬する時の留意事項。でもちょっと質問すると 副作用情報報告書 もって 不断あったこともないMRが飛んでくるし、なんだかなと。

自分が提案できるなら、優秀な学術とその製品、その領域に詳しいバーチャルMR担当者で、メールでやりとりできるMR。
これは、多くの、妊娠出産育児期の大切なキャリア期の女性の薬剤師の応援にもなるはずで在宅勤務でもセキュリティがしっかりしていれば、可能なシステムだ。お客様窓口も親切で一定レベルあるけど、担当者の顔がみえていない。でも 担当のMRということであれば広域に多くのユーザーとつながることもできるし 顧客側からの発想。
ものすごくできる在宅勤務女史が 多くの企業と提携することもできるだろうし。

会社側の意図と 顧客側のニーズがどんどん変わってゆく中で
MR、リエゾンなんちゃらの役割が問われている時代になったと思っています。
posted by みゃんこ at 07:14| Comment(0) | 新たな時代の新薬剤師像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

健康サポート薬局


健康サポート薬局について 面白いなあと=本当は面白いとか言ってはいけないのかもしれないけど=思うことがあります。

全国どこ行っても同じ話がでるので、一定の割合で なかなかこの世の中の動きに追走できていない薬剤師という諸種肩書の人がいるんだと 再認識します。

「私たちは、こんなにずっと一生懸命やってきた。今回のかかりつけ薬剤師や健康サポート薬局なんて いままでずうっと私たちがやってきたことじゃないですか。」

ここまでは 共通の発言。

その後 一定の割合のひとが吠えるのです
「なのに、何で、今更やってきたことを 書類とか面倒なものを書いて申請しなくっちゃ認めないというのか まったくよくわからない。申請しなくてもやっているじゃないですか」

???????
素直に考えれば「今までやってきたことがようやく認められたんだから 早く申請出そうよ・・わあ良かったねええ」となるはずなのに。なぜに??

薬剤師の職能団体がいまひとつ 停滞しちゃうのは
こうゆう ベクトルがあっちの人たちがまだまだ潜在的にたくさああんいるからなのかも。
でもやっているんだから もう少し整えればいいのにね。とか。雑感
posted by みゃんこ at 21:40| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

明日25日 NHK16時より かかりつけ薬剤師健康サポート薬局 密着取材風景放映

明日 かかりつけ薬剤師健康サポート薬局で 宮原密着取材の様子が放映される予定です。

明日25日16時から17時の放映

番組タイトルは、「4時も!シブ5時」です。

宜しくお願い致します。

posted by みゃんこ at 09:05| Comment(0) | 健康サポート薬局 かかりつけ薬剤師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする