製薬会社のMRと リエゾンチームの役割

今の時代のMRの仕事とは。製薬会社の仕事とは。 ってな話を 週末仲間としていたら 3年前の投稿が出てきました。 そのときは 市販後全霊調査の医薬品について突然 いつもは混んた雲もないMRが訪ねてきて 処方元情報をおしえろと言ってきたという話でした。 しかし、今、こんな世の中になり、MRのすべき仕事が大いに変わってきた…

続きを読むread more

健康サポート薬局

健康サポート薬局について 面白いなあと=本当は面白いとか言ってはいけないのかもしれないけど=思うことがあります。 全国どこ行っても同じ話がでるので、一定の割合で なかなかこの世の中の動きに追走できていない薬剤師という諸種肩書の人がいるんだと 再認識します。 「私たちは、こんなにずっと一生懸命やってきた。今回のかかりつけ薬…

続きを読むread more

製薬会社でかつてDIに携わってきた薬剤師をポリファーマシー対策現場への登用 人材発掘を目指す

製薬会社が社員に教えた技術を逆算して今の時代に活かすこと。DI能力にたけた製薬会社出身の薬剤師が、ポリファーマシー対策に大いに活かされる時代 皮肉にも売りの発想が減薬の発想へ。 1981年製薬会社に入社してからの10年間 世の中はバブリーだったし、製薬会社も成長期真っただ中だった。 抗生剤をもつ製薬会社の羽振りが…

続きを読むread more

便利やのみやちゃん

今朝は、近所の独居高齢者住宅に住んでいたかかりつけ患者さんのというか 近所でみまもっていた方で 親戚のもとにもどっていった方の引越の後片付けに精出してた。 すでに引越は終わったんだけど、便利屋の修行の一環でお手伝いしていたわけです。将来何になるかと言えば 便利屋の手下ってのも向いているかもしれないし。 …

続きを読むread more

健康サポート薬局薬剤師がお勧めする老いの準備

浅草の健康サポート薬局ケイ薬局宮原富士子のお勧めの 老いの準備。 老いの準備を楽しむ部活とか。 こんだけ高齢化になるのだから、薬も引き時って考え大事。  老いの準備のひとつに ①かかりつけ薬剤師をもって 薬を整理して見直す。不要な薬は飲まない⇒将来施設にはいってもリスクも減り、介護してくれる方にも恩恵で喜ばれる。わあ…

続きを読むread more

7月18日 浅草緩和DI塾です

7月18日 あさくさ緩和DI塾 本年度本格的稼働します。 病院薬剤師と 保険薬局薬剤師が、 どのようにつながっていれば、 地域住民を支えることができるのか。この取り組みがはじまって3年。本年の 札幌での日本緩和医療薬学会のシンポジウムは大入り満員立見席まででた活動が、その気持ちをもとに さらにバージョンアップしてゆきます…

続きを読むread more