2017年05月29日

薬歴の重み 醍醐味


薬歴
薬歴は毎回の患者様との面談と様子を客観的に主観的に記録に残すプロセスなんですが、ちょっと前まで、これを書いておくことで将来この患者様にどんなふうに役立つのかとか考えたことがあったのですが。
いまになっって 薬剤師が、最期まで自分らしく住み慣れた環境の中で暮らしてゆくその最後のステージと その前の介護が必要なところでの介護保険サービスを必要とするところで、薬歴ほど大いに役立つものはないんだなあと 感心したりほっとしたりその重みがじわああっと伝わってくることが多くなった。その方の長い生活の歴史を正確につたえてあげることができ、またそのことを患者様と共有するときに ありがとうねずっと書いておいてくれてといわれることが増えました。その醍醐味は素晴らしいものです。

最近 天野良平先生に聞き書きをならって、薬歴にもそのエッセンスを巻き込むようになり、その味が科学的薬学的なものと相まって医療→居宅療養→生活の質 のなかでその人らしさを他職に伝えるいいエビデンスになっているような気がしています。

その人らしさを昔からわかっている 介護職はそういないのでそこを繋ぐ制度が かかりつけ薬剤師なんだろうなってじわっと実感。そしたら手を抜いたら大変失礼なことになっちゃいます。また明日からもそのことを肝に銘じてかかりつけ薬剤師を致しますです。
posted by みゃんこ at 20:01| Comment(0) | 新たな時代の新薬剤師像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チームがつながってゆく何かのチカラ

誠意がある対応をうけると気持ちがいいもんだと思います。きょうは あるケアマネさんの気持ちのいい対応で、心が救われました。結局 地域で色んな職種が連携して一人の患者をみてゆくためには この心地よさ気持ちよさ誠意につきるのではないかなあと改めて思ったわけです。
夕方になっていいことがあって救われたなあ。
posted by みゃんこ at 19:15| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

女性の健康支援への果てしない夢

各地でOATHASでご一緒した薬剤師や管理栄養士が、日本女性医学学会の女性のヘルスケアに関わる臨床医とつながってゆく・・・昔からの夢だった。そして少しだけ実現し始めた。
良質の種が実を結び、地に根っこをはやしていずれ咲くだろうすばらしい女性が自ら選択して助成してゆく健康という花づくり。そしてその種がまた次の世代へ。時代の流れはゆっくり動き出している気がする。自分の人生の後半で 健康サポート薬局やコミュニティファーマシスト、OATHASなどにより今まで育ててくれた更年期医療の世界の医師たちや長い期間熟成してきたエクオールを通じての協働のあり方の模索が加わり、過去の指導者への恩をかえし、そしてともに歩んでゆく こんなに素晴らしいことはないなあと実感している。
posted by みゃんこ at 09:44| Comment(0) | 女性の健康づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする